映画 「バハールの涙」

あらすじ

2014年8月、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の無差別な攻撃により夫を殺害され、息子が捕虜にされたバハール。
彼女と同じヤジド族の男全員が射殺され、幼い男の子は全てIS戦闘員とされ、女性と女の子は性奴隷に売られてしまう。
バハールが女性武装部隊「太陽の女たち」のリーダーとなり、女性・生命・自由のために銃を取って戦う、
真実に基づく物語。

この映画の商品
タイトル(邦題)/(原題) バハールの涙 / Les Filles du Soleil